お気に入り

「82年生まれ、キム・ジヨン」感想

キムジヨン本表紙

韓国で大ベストセラーになり、日本でも翻訳され昨年12月に発売された、「82年生まれ、キム・ジヨン」

韓国で社会現象を巻き起こしたという、女性差別を書いた小説です。

韓国が好きといっても、韓国小説や歴史にはそんなに興味が無かった私なのですが。。周りの本好き女子が勧めてくるもんで、今更ながら読んでみました。

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

新品価格
¥1,620から
(2019/8/13 14:14時点)

あらすじ

物語は、主人公のキム・ジヨン氏は33歳で、1歳になる娘がいて、夫と3人で団地に住んでいる場面から始まります。

女性として生まれ、女性だからという理由で卑下され、不条理な社会で生きる中での挫折や疲労から、精神的に病み、精神科を受診します。

その時の精神科医がカルテに書いた内容として、生い立ちからキム・ジヨン氏の過去を振り返っています。

幼いころは、姉や自分よりも弟のほうが優遇された。とか、学生時代は男子優先があたりまえ、職場でも女性は理不尽な事が多く、結婚してからも子育てのため会社を辞めるのは自分。といった具合の内容です。

キムジヨン後ろ表紙

私個人の感想

本に書かれているキム・ジヨンの体験談は、私も同じような事があったなあと同感する部分があったとはいえ、フェミニストでもないもんで、自分は何も問題提起せず生きてきたんだなあといった感じです。

それより、82年にもなって、生まれた子が女の子だとがっかりされるとか、姑に詫びるとか、そんなことが韓国にまだあったとは驚きでした。

そこまで男尊女卑の社会なんですね。。私が韓国に行きだしたのは十数年前からですが、観光しているだけでは見えてこなかった部分です。

どちらかというと、街で見かける韓国の中年女性は見るからにパワーがあるし、若い女性は主張が強くて気が強く、男性よりも前へ出るイメージを持ってました。

逆に、韓国人の男性は、知り合いのおじさんにしても韓国語の先生にしても、みんな穏やかでやさしい印象なので、韓国の男性は兵役もあるし、女性にも押され気味で大変そうって勝手に思ってました。

韓国国内でフィクションであるこの小説に共感する女性が多く、社会現象まで巻き起こしたということは、内容が韓国社会を表していると思うので、外国人には見えないその国の内情があるんだなあと感じました。

興味のある方、中古ならこの↓↓価格であります。

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

中古価格
¥1,154から
(2019/8/13 13:42時点)


楽天ブックスでは
外国の小説部門3位(日別2019.8.12現在)でした!